+ SITE MENU +

フィッシュオイルで中性脂肪を正常化

中性脂肪は高すぎないことがポイント

健康診断の血液検査でTGと表記された数値にHもしくはLと表記されたら、標準値範囲外の印なので食生活などにおいて注意が必要です。TGとは中性脂肪のことで、標準より少ないことも良くありませんが、高すぎるほうがより健康被害が大きいと考えられています。中性脂肪が高くなるのは、食事から取り入れた脂質がエネルギーとして使いきれずに皮下や内臓に蓄積されている量が多過ぎるためです。体温を一定に保ったり、内臓を保護する役割になっているので、ある程度は必要な脂肪分です。蓄積分が多ければ血液中への分泌量が増えることから、血液検査によって中性脂肪の状態を検査できます。健康に過ごすためには、少なくとも高すぎないようにすることが大切です。
 

中性脂肪値が高いとどうなる

体型はメタボ気味で、年齢なりに疲れはあっても、食欲があり、特に健康に気になる症状がないと、健康診断で黄色信号が灯っていたとしても、あまり気にしない人は多いです。中性脂肪値が高くても、緊急に症状が出ることはあまりないのが理由と言えます。しかし、高い状態が続くと、血液がドロドロの状態になるため、血管を流れにくくなります。心臓は血液を体内に巡らせようとするので負荷がかかりますし、血管壁にも負荷がかかり動脈硬化症から様々な病気を誘因します。生活習慣病としてよく見られる、脂肪肝、糖尿病などは中性脂肪が高いことも原因のひとつです。予防や治療をせずに放置すれば、最終的には、血管が詰まったり、破けたりして、心筋梗塞、脳梗塞、脳血栓、脳溢血などの重篤な疾患を発症します。
 

予防や改善にはフィッシュオイルが効果的

中性脂肪を食事や生活習慣の見直しで平常値にするには、食事のコントロール、適度な運動、良質な睡眠が一般的です。しかし、生活環境によっては病院の指導のみで改善することは難しいので、サポートアイテムとしてフィッシュオイルを利用する人が多いです。フィッシュオイルは青魚から抽出した脂質で、抗酸化作用の高いオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。DHAやEPAも含まれていて、高すぎる中性脂肪を正常化する効果が確認されています。特にDHAには血栓ができないようにする働きがあるため、血行を促すことができます。DHAのみの摂取でもよいのですが、フィッシュオイルに含まれているオメガ3脂肪酸を摂取すると、体内でEPAを合成しさらにそこからDHAを生成します。そのため、成分が濃縮配合されているEPAを含むフィッシュオイルをサプリメントなどから継続して摂取した方が効率よくDHAを体内で作れるということになります。