+ SITE MENU +

フィッシュオイルは肝臓の働きを活性化させる

生活習慣病で指摘されやすい脂肪肝

不規則な生活や乱れた食生活、運動不足の日々を過ごしていると、生活習慣病のリスクが高くなります。特に指摘されることの多いのが脂肪肝です。メタボリックシンドロームのチェックでお腹回りが規定値よりも大きい場合には、皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪も標準以上である可能性があります。肝臓に脂肪が多くついていると、血液の流れが悪くなります。血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなるのが原因で、放置すれば、肝臓だけでなく血管系の疾患を発症しやすくなります。
 

フィッシュオイルで血液サラサラ

フィッシュオイルは青魚に多く含まれている脂質のことで、健康と美容に必要な良質な脂質です。健康な身体を維持するには欠かせない成分が含まれています。DHA、EPAを含むオメガ3脂肪酸が豊富なのが特徴で、体に必要な善玉コレステロールを増やす効果があります。オメガ3脂肪酸は体内での生成はできないため、食材から摂取する必要があります。さらに、DHAやEPAはオメガ3脂肪酸によって生成される成分でもあります。この点からも、フィッシュオイルには最初からすべてが含まれていて効率が良いと言えます。
 

肝臓についた脂肪をへらす

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると減らしやすいという特徴があります。適切な食事制限と適度な運動を組み合わせればよいことはわかっていても、実行できる人はあまりいません。肝臓に中性脂肪を溜めないためには、エネルギーとして消費すればよいのですが、フィッシュオイルが代わりに役割を担ってくれます。特に、フィッシュオイルに含まれるDHAとEPAには、脂肪を分解する酵素を増やす働きを持っているので、余分な脂肪が蓄積して中性脂肪が増えるのを抑制する効果があります。サプリメントなどから摂り続けることで、血液中の中性脂肪を正常値に維持できるので、肝臓に余分な負担がかかることがなくなり、血液もサラサラの状態を維持できます。
 

肝油の効果

一般的なフィッシュオイルとは少し違いますが、鮫の肝臓から抽出した脂質を凝縮した肝油というグミのようなものもあります。成分の特徴は抗酸化作用のあるスクワレン・ビタミンA、中性脂肪の増加を抑制するEPAが含まれています。肝油ドロップとして販売されていて、フィッシュオイル同様、生活習慣病のリスクの軽減に効果があります。甘くコーティングされているのでサプリメントよりも飲みやすく、子供の栄養補給として利用されることも多いです。