+ SITE MENU +

フィッシュオイルサプリならきなり

フィッシュオイルのDHAとEPAが体にいい理由

日本人の食事には魚が多い、というのは既に過去の話です。タンパク質源を魚から主に取り入れている人は多いとは言えず、ある統計では、食事から摂取するDHAとEPAは圧倒的に不足しているという結果が報告されています。厚生労働省の指針では、DHAとEPAについては1日1000mgの摂取が推奨されているのですが、現状では推奨量の半分程度しか摂取されていないと言われています。血液は全身に栄養素を迅速に運搬する役割があります。しかし、ドロドロとした状態では、必要な場所に栄養素を運ぶ前に、血管内で滞ってしまうリスクが高くなります。動物性が常温でも固形であるのに対して、フィッシュオイルはマイナス45度の環境でも液状のままでいられるので、体内に取り込むと血液をサラサラにします。
 

アンチエイジング対策ならフィッシュオイルサプリ

フィッシュオイルサプリに含まれる成分のうち、DHAは脳の神経にも働きかけることが研究結果として報告されています。たとえば、脳細胞間の情報伝達に重要な役割を担っているため、アルツハイマー型の認知症の予防に効果を発揮します。認知症の症状がある高齢者の脳にはDHAが不足していると報告されています。ただ、DHAは認知症を発症しているから不足しているというのではなく、年齢を重ねるにしたがって不足します。また、脳細胞にのみ必要というわけではなく、細胞、血管、内臓などあらゆる部位に不足してくるため、サプリメントなどを利用して意識的に補うことで、アンチエイジング、生活習慣病の予防、認知症の予防ができます。
 

日本一を目標にしたフィッシュオイルサプリならきなり

フィッシュオイルサプリのきなりは1日に推奨されているDHAとEPAの1000mgのうち、4粒で半分の500mgを摂取できます。魚由来という点から、粗悪な製品は生臭さが鼻につくものもありますが、きなりは全く生臭さがありません。オレンジオイルを配合して飲みやすくしています。きなりが最も力を入れたのが、吸収率の高さです。せっかくの良質な成分も体内への吸収力が弱ければ、効果を発揮できません。そのため、酸化防止のために、きなりは独自製法でアスタキサンチン配合のオキアミから抽出したクリルオイルを配合して小腸への吸収率を高めています。さらに、きなりには血液サラサラのパワーをアップさせるためにナットウキナーゼも配合しています。体内での血栓溶解酵素の活性化に対して、即効性と持続性を持っています。きなりをはじめて利用する場合には、返金保証があるので、安心して試すことができます。