+ SITE MENU +

フィッシュオイルの効果を最大限に生かすタイミング

サプリメントは基本的にはタイミングがない

処方薬の場合、薬の強さや目的によって、食間や食後など、飲むタイミングが指定されています。対して、サプリメントは栄養補助食品なので、空腹時に飲んでも胃腸を荒らす心配はありません。飲むタイミングについての指定は基本的にはなく、都合に応じて飲むように説明書きがされているものがほとんどです。ただし、効果を実感するには一定の期間、継続して飲むことが大切なので、飲み忘れが無いように時間を決めておくこと安心です。
 

フィッシュオイルには吸収されやすいタイミングがある

サプリメントはいつ飲んでも問題はないのですが、成分によっては吸収されやすいタイミングがあります。成分の性質を踏まえて飲めば、吸収率が高くなるので、その分より多くの効果を実感できます。フィッシュオイルの場合、オイルという性質上、空腹時には吸収されにくく、対外へ排出される方が多くなる傾向にあります。このことから、フィッシュオイルを飲むベストのタイミングは食後30分以内と言われています。飲む量が1粒の場合、朝昼晩のいずれかの食事の後に飲めば、吸収率に違いは生じません。中には、酸化防止を目的としてビタミンEを添加している製品があります。ビタミンEは脂溶性で、脂分とともに摂取して吸収されることで体に有効に働くので、空腹時に飲んでしまうと、ビタミンEも吸収されずに排泄される率が高くなります。
 

フィッシュオイルはインスリンの分泌量を少なくする

フィッシュオイルを飲むと筋肉が付きやすくなると言われていますが、これは、食後のインスリンの分泌が抑制されるためです。一般の人においても、糖尿病の予備軍の人は食後に飲めば、急激な血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。体脂肪も蓄積しにくくなるので、肥満予防にも効果的です。過剰な量の食事をしなければ、食後の利用でダイエット効果が期待できるので、糖尿病予備軍から抜け出すことも可能です。
 

処方薬との併用は注意が必要

サプリメントは処方薬と併用しても副作用の心配ないのが前提です。しかし、処方薬との相性があるので、病院の薬を常用している場合には、主治医に相談すると安心です。たとえば、フィッシュオイルは血液をサラサラにして、血流を改善する、という働きがあるため、血圧を下げる薬や止血剤とは併用をしないほうが安全です。薬を飲む時間とずらして飲むという方法もありますが、必ず主治医に相談することが必要です。